トップ > 辞表の書き方 > 辞表の書き方:書式

辞表の書き方:書式

退職を自ら会社へ申し出る際には、会社に宛てた文章で、退職するということを届けなければいけません。辞表という言葉が有名ですが、退職願いや退職届けとして出すのが一般的です。


「辞表」として出すのは、職の位が上の人の場合です。例えば、取締役の方が会社を辞める場合は「辞表」として出します。


取締役をやめる時は、申し出を代表取締役が知る必要があるので、辞表という書面にして退職の意思表示をするわけです。そして、それが受理されれば、辞表に書いた日付けで退職することとなります。


辞表の書き方の書式ですが、手書きで書いて出すのが一般的ですが、会社によっては一定のテンプレート・フォーマットが用意してあることもあります。そういう会社では、指定のテンプレート・フォーマットで辞表(退職願い)を出すようにします。


辞表・退職願いを出す時期ですが、会社それぞれの就業規則で定められていて、退職の1ヶ月前や退職の二週間前、などの記載があると思いますので確認してみてください。また、民法では、あらかじめ期間を定められていない雇用の場合には、退職を希望する日の二週間前に辞表・退職願いを届ければよい、という定めがあるようです。


退職希望の申し出があった場合は、会社はそれを拒否することはできません。よくテレビドラマなどで、「辞表」と書かれた封筒を(実際には「退職願い」または「退職届け」)上司に渡すものの、「待て、これはわしが預かっておく」といったシーンがありますが、正確にはそういう拒否はできないわけです。


退職希望日から二週間以上前に、届けを出せば退職できるので、辞表の書き方としては題名は「退職届」と書けばよいです。または、退職を申し出た後、会社の同意を得てから退職するといった意味もこめて「退職願」と書いてもよいです。


「退職届」でも「退職願」でも、実際には効力などはどちらも同じです。これは人それぞれ退職する際の気持ちなどにより決めればよいことです。


一般的には、辞表(退職願・退職届)は縦書きですが、会社内の文書が横書きが多いという理由で、横書きにしても問題は特にないようです。


この記事のカテゴリーは「辞表の書き方」です。
辞表の書き方・退職願・退職届の書き方をご説明します。書式や文例などもご紹介。
関連記事

退職理由はどう書くのがよいのか?

辞表(退職願・退職届)を出す際に、迷う部分の一つが退職理由をどう書くか、というこ...

職位の上の人の辞表の書き方

辞表という表現を使って退職意志を表すのは、職位の上の人の場合です。それ以外の人の...

辞表の書き方:文例

辞表の書き方の文例をご紹介します。辞表(退職願・退職届)は一般的には、縦書きです...

辞表の書き方:書式

退職を自ら会社へ申し出る際には、会社に宛てた文章で、退職するということを届けなけ...