トップ > 辞表の書き方 > 辞表の書き方:文例

辞表の書き方:文例

辞表の書き方の文例をご紹介します。辞表(退職願・退職届)は一般的には、縦書きですが、社内の文書が横書きが多いという理由で、横書きでも特に問題はないようです。


以下は縦書きの場合の一般的な辞表(退職願・退職届)の文例です。ここでは横で書いていますが、実際にはこれをそのまま縦にして書いてください。

-----------------------------------------------------
退職願

                    私は
一身上の都合により、来る平成@@年@@月@@日をもって
退職いたしたく、お願い申し上げます。

 平成@@年@@月@@日
    @@課  山田太郎 印


株式会社@@@@
 代表取締役 @@@@殿
--------------------------------------------------------

「私は」の部分は縦書きの場合、別の行にして一番下のほうに書くのが一般的です。これは自分をへりくだる意味がこめられています。これと同じで、「私」という文字を他の文字よりも小さく書くことも行われているようです。


日付は、本文中には退職希望日を書き、自分の名前の前の日付は、辞表(退職願・退職届)を出す日付を書きます。辞表(退職願・退職届)を出す日付については、会社の就業規則などを見て、決められていればそれに従うようにします。


用紙はB5版の白い紙に書きます。それを白地のタテ型の定型封筒(長形4号)に入れて提出します。封筒には「退職願」または「退職届」と書きます。

この記事のカテゴリーは「辞表の書き方」です。
辞表の書き方・退職願・退職届の書き方をご説明します。書式や文例などもご紹介。
関連記事

退職理由はどう書くのがよいのか?

辞表(退職願・退職届)を出す際に、迷う部分の一つが退職理由をどう書くか、というこ...

職位の上の人の辞表の書き方

辞表という表現を使って退職意志を表すのは、職位の上の人の場合です。それ以外の人の...

辞表の書き方:文例

辞表の書き方の文例をご紹介します。辞表(退職願・退職届)は一般的には、縦書きです...

辞表の書き方:書式

退職を自ら会社へ申し出る際には、会社に宛てた文章で、退職するということを届けなけ...