トップ > 転職後の心得 > 職場での人間関係

職場での人間関係

転職後は、新しい人間関係を多く作っていく絶好のチャンスです。転職直後では、新しい仕事を教わる人や、仕事のデスクが隣の人など、特定の人との人間関係だけにおさまるケースが多いです。転職後しばらくは、もちろんこのような人間関係の作り方で問題ないと思います。もちろん最初から人間関係を広げられる人は、広げればOKだと思います。


ですが、転職後しばらくして仕事内容にも会社の雰囲気にも慣れてきたら、なるべく多くの人と仲良くするようにして、広い人間関係を仕事場でも作っていきたいものです。


自分から声をかけるのが苦手な人でも、転職後はすすんで自分から声をかけていくのがよい人間関係を築くことにつながるかもしれませんね。


転職直後は、周りの人が自分を試しているような感覚におちいることもあります。視線がきになるのです。でも、それは当然のことです。この人はどんな人間なのだろう?仕事はできる人なんだろうか?と思うのは当たり前です。そういう孤立感を感じることもあるかもしれませんが、そういう場合でも、自分から声をかけていくのがよいと思います。一番簡単なのは、質問することですね。あまりにもしょうもない質問ではかえっていけませんが、分からないことがあればどんどん聞いていきましょう。


誰とでもふみこんで仲良くする必要はありません。誰とでも仲良くできる人はすごいとは思いますが、そうする必要はないと思います。転職直後はとくに、とりあえず誰にでもよい顔をしておくのが、その後のよい人間関係を作っていくもととなります。


転職後は、立場と年齢が逆になっていることが多々あります。あなたより年上の部下かできたり、年下の上司がすでにいたりということが多々あります。昔とは違い年功序列の仕組みは消えつつあります。


ベンチャー企業などでは、あなたよりも年下の人間が経営をしていたりすることもあります。個人の能力を評価する会社では、年齢には全く関係なく出世している人がいます。ですから、仕事では年齢はあまり考えないようにしていくのが、うまい人間関係を作っていく秘訣になります。


むしろ、年功序列のように、仕事も全くできないのに、年をとっているだけで上司になっていて、そのような無能な上司の下で働くよりは、断然自分のためにもなりますし、仕事にも身が入ると思います。

マンガdeレーシック

この記事のカテゴリーは「転職後の心得」です。
転職後の仕事の進め方や新しい人間関係などについて。
関連記事

転職直後の仕事への取り組み方

転職した先の会社での仕事が、前の会社とは違った分野の仕事で、未経験の場合は研修の...

職場での人間関係

転職後は、新しい人間関係を多く作っていく絶好のチャンスです。転職直後では、新しい...