トップ > 履歴書の書き方と面接について > 面接の最後の質問

面接の最後の質問

面接では、いろいろなことを聞かれます。それに適切に応えることも大切ですが、例えそれに失敗しても、最後の質問で挽回できます。面接担当者からのあなたへの最後の質問は決まってこうです。


「そちらから何か質問はありますか?」


ここで、「特にありません」では話になりません。本当はあるのに、緊張してしまって出てこないなんてことにならないように、前もって自分が質問することを用意しておくのがよいでしょう。


また、この自分から質問する時に限っては、用意しておいた質問をメモに書いておき、それを見て質問していくのもありかと思います。もちろん自己PRなどをメモを見ながらするのは絶対にダメですが。


「聞いておきたいことが何個かありましたので、あらかじめメモしてきました。」と言って、メモを見ながら質問しても、印象は下がることはないでしょう。むしろ、誠意が伝わると思います。


しかし、これは緊張して忘れてしまった時のみにしておいたほうがよいでしょう。やはり、何も見ないで質問をしていったほうが印象はよいですから。質問は1つや2つではなく、できるだけ多く考えていくようにします。


質問の内容ですが、会社の概要などは会社のホームページなどを見れば調べられますから、そういった基本的なことは、聞かないようにします。失礼にも当たります。さらに踏み込んだことを聞くようにしていきます。


また、自分が転職者であるということをネタにするならば、中途採用で入社した方の中では、どのような人が活躍されているのかを聞くのも、自分のやる気をアピールすることにつながるので、よい質問だと思います。


他にもいろいろなタイプの質問が考えられると思いますので、あらかじめリストアップしておきましょう。


この記事のカテゴリーは「履歴書の書き方と面接について」です。
転職の際の履歴書の書き方や面接の注意点・アドバイスなどを掲載しています。
関連記事

面接の最後の質問

面接では、いろいろなことを聞かれます。それに適切に応えることも大切ですが、例えそ...

面接の注意点

転職の際に面接でよく聞かれる質問、というか転職者には必ず聞かれる質問が「なぜ前の...

履歴書の書き方

履歴書の書き方をご紹介しておきます。 履歴書の書式は、インターネット上に様々なフ...

転職回数が多いと不利?

転職を何度もしているような場合は、新しい就職に不利に働くと考える方もいらっしゃる...