トップ > 辞表の書き方 > 職位の上の人の辞表の書き方

職位の上の人の辞表の書き方

辞表という表現を使って退職意志を表すのは、職位の上の人の場合です。それ以外の人の場合は、「退職願」または「退職届」という表現を使って退職意志を表明します。


よく、テレビドラマなどでは、若い平社員が、退職したいがために、「辞表」と書いた封筒を上司へ手渡すといったシーンを見かけますが、正確には、「退職願」または「退職届」と書くのが正解です。テレビドラマなどでは、「辞表」としたほうがインパクトが大きいため、あえて辞表という表現を使っているのだと思います。


取締役の場合は、商法の規定により、株主総会で選任され会社との関係は委任に関する規定に従うことが定められています。通常の従業員とは違います。


取締役をやめるには、退職の申し出を代表取締役が知ることが必要ですので、退職の意思表明を「辞表」という書面で代表取締役に提出します。その辞表が受理されてば、辞表に書いた退職希望日で退職、となります。


レーシック 失敗しない眼科選び【レーシック比較ランキング】 

この記事のカテゴリーは「辞表の書き方」です。
辞表の書き方・退職願・退職届の書き方をご説明します。書式や文例などもご紹介。
関連記事

退職理由はどう書くのがよいのか?

辞表(退職願・退職届)を出す際に、迷う部分の一つが退職理由をどう書くか、というこ...

職位の上の人の辞表の書き方

辞表という表現を使って退職意志を表すのは、職位の上の人の場合です。それ以外の人の...

辞表の書き方:文例

辞表の書き方の文例をご紹介します。辞表(退職願・退職届)は一般的には、縦書きです...

辞表の書き方:書式

退職を自ら会社へ申し出る際には、会社に宛てた文章で、退職するということを届けなけ...