トップ > 転職前の心得 > 現代の転職

現代の転職

転職は、今から20年ほど前には、現在ほど一般的なものではありませんでした。なぜかというと、昔は現在とは違い、転職すると給料が下がることも多く、さらに退職金の金額も勤続年数が多いほど多くもらえる時代だったからです。その会社のやり方や、会社での仕事が自分に合っていないと感じていても、やめずに我慢したほうが良いという考え方が強く根づいていました。


このような終身雇用が一般的な時代では、自分が本当にやりたいと考える仕事をさがして、転職する人へは非難されることも多かったようです。


しかし、最近では、この終身雇用の考えはなくなりつつあります。会社の効率化を考える経営方法や状況により、同じ会社で定年まで働きたいと思っていても、かなわないことがあります。


現代は、このような時代に変化しているわけですから、我々は、いつ会社をやめることになっても新しい仕事に就職できるよう、自分自身を価値のある人材にし、必要とされるような能力を持っておく必要があると思います。


このために、まずは自分の本当にやりたい仕事、自分に合っている仕事をいち早く見つけることが先決です。そして、会社で仕事をやりながら、その分野での知識や経験、技術力
などのキャリアをつけていくことにより、自分が人材として価値のある存在となれます。


そうなれば、会社に見放される、または会社に自分から辞表を出すことも全く怖いことではなくなります。


逆に、自分が好きになれない仕事や、自分には適性があると思えない仕事を我慢してやり続けるということは、知識や技術力がつくスピードも遅いですし、なにより仕事にやりがいを感じることができません。その仕事をもしやめることになっても、後へつながる仕事選びにはならないわけです。


この記事のカテゴリーは「転職前の心得」です。
転職前に考えておきたい転職の目的や、自己分析方法などについて解説しています。
関連記事

転職代理人?

転職代理人という職業を聞いたことがありますか?この転職代理人を題材にした漫画を最...

転職の目的

転職の目的は人それぞれ様々なものがあります。給料が上がるから転職したい、という人...

転職成功経験談

いろいろなケースの方の力強い転職成功経験談をご紹介しておきましょう。これを読めば...

転職成功の秘訣

転職すると決めたからには、それなりの訳があったはずです。会社での仕事内容や、会社...

ヘッドハンティング

ヘッドハンティングされた経験を持つ人は少ないとは思います。ヘッドハンティングは、...