トップ > 転職前の心得 > 自己分析

自己分析

転職の理由で多いのは、今の給料に満足できないことや、会社の方針・やり方に不満を感じているなどの理由です。

転職の理由は他には、自分の能力がこの会社では発揮できない、今の会社での仕事にやりがいを持って取り組めない、自分には今の会社の仕事が合っていない、などの理由が挙げられます。


これらの転職理由が、新しく転職した先の会社で、解決されていればよいのですが、転職後にも、前の会社での不満と同じ気持ちになり、また転職してしまうというケースも多いようです。


このようなケースの転職の失敗には、転職した後の会社やその会社での仕事のことを、十分に調べていなかったことが挙げられます。転職先の会社の経営方針、給料などの待遇、転職先で自分が具体的にどのような仕事をするのかを、調べ上げなければいけません。それでも不明な点は、面接の際に詳しく聞くことが必要です。まちがっても、転職先の会社の詳しいことも調べずに、就職してしまうのだけはさけるべきです。


転職先の仕事内容や会社のことを調べることも大事ですが、転職する際には、自分を自己分析することが大事です。転職や就職する際に、「自己分析」という言葉はよく使われますが、この言葉を聞いただけで嫌になってしまう人は多いとは思います。


自己分析する際は、自分に正直になり、全てをさらけ出すつもりで行います。将来はどんな仕事をして、どんな生活を送っていたいのか、自分にはどんな仕事に適性があるのか、自分の本当に好きなことはなんだろうか、など、仕事に関することや、自分の本当の気持ちなどを正直に考えていきましょう。


この記事のカテゴリーは「転職前の心得」です。
転職前に考えておきたい転職の目的や、自己分析方法などについて解説しています。
関連記事

転職代理人?

転職代理人という職業を聞いたことがありますか?この転職代理人を題材にした漫画を最...

転職の目的

転職の目的は人それぞれ様々なものがあります。給料が上がるから転職したい、という人...

転職成功経験談

いろいろなケースの方の力強い転職成功経験談をご紹介しておきましょう。これを読めば...

転職成功の秘訣

転職すると決めたからには、それなりの訳があったはずです。会社での仕事内容や、会社...

ヘッドハンティング

ヘッドハンティングされた経験を持つ人は少ないとは思います。ヘッドハンティングは、...