トップ > 転職前の心得 > ヘッドハンティング

ヘッドハンティング

ヘッドハンティングされた経験を持つ人は少ないとは思います。ヘッドハンティングは、他の会社からうちの会社に来てくださいとアプローチをかけられることです。よくテレビドラマのワンシーンなんかでありますね。


ヘッドハンティングされる人には特徴があります。その特徴を見て行きましょう。まず、ビジネス雑誌などに掲載された場合は、ヘッドハンティングがどんどん来ることもあるようです。しかし、これは一般の人では少し敷居が高い部分だと思います。また、年齢に対しての経験・実績が他の人と比較して高い人も、ヘッドハンティングされやすい傾向があるようです。


他に、ヘッドハンティングされやすい人の特徴は、システムエンジニアなどの専門職の人です。求めている企業が多いのに対して、人材の数が少ないこのような専門職の人は、ヘッドハンティングされやすいようです。


この記事のカテゴリーは「転職前の心得」です。
転職前に考えておきたい転職の目的や、自己分析方法などについて解説しています。
関連記事

転職代理人?

転職代理人という職業を聞いたことがありますか?この転職代理人を題材にした漫画を最...

転職の目的

転職の目的は人それぞれ様々なものがあります。給料が上がるから転職したい、という人...

転職成功経験談

いろいろなケースの方の力強い転職成功経験談をご紹介しておきましょう。これを読めば...

転職成功の秘訣

転職すると決めたからには、それなりの訳があったはずです。会社での仕事内容や、会社...

ヘッドハンティング

ヘッドハンティングされた経験を持つ人は少ないとは思います。ヘッドハンティングは、...